みどリレー通信

一覧へ

2018.01.16

「森の樂校 きのこの観察会」開催しました。(2017年10月8日(日))

毎年恒例となりましたきのこの観察会を開催しました。

今年も福井きのこ会会長の笠原英夫先生をお招きしました。

親子参加型の森の樂校のプログラムでの開催となり、子供達が森の中を走り回り、笑い声が活動地の森の中に響きわたりました。

 

続きを読む…

2017.11.27

「第8回 森のクラフト展」開催しました。(2017年9月18日(月))

天気予報は日曜日の夜中に台風襲来、大雨、強風。  

当日は、雨のち晴れ。 

数日前から頭に「中止」の二文字が頭をよぎります。 

昨年は、苦渋の選択で前日に中止を選びましたが、今年は、出店予定者からの問い合わせが多くある中、できる限りの開催の道を探りました。 

メンバーと相談する中で、ログハウスを利用して「規模を縮小してでも中止はしない。できる事をできる形で」という方向性で行く事にしました。

 

続きを読む…

2017.09.08

8月のみどリレー開催しました。(2017年8月3日)

今年はカシノナガキクイムシの被害が多く出ています。
コナラの木は虫が入ってもあまり枯れないという話でしたが、老木はそうも言えず、枯れてしまいました。
森の入り口の直径80cmほどの大きなシンボルツリーのコナラの木もカシナガの被害を受けたせいか、猛暑で雨不足の影響か、突然葉が落ち始め、もう枯れそうな状態です。

 

今回は、枯れてしまった森の中のコナラを一本伐採しました。
残念ながら周りも高木に囲まれているせいで、萌芽更新も望めそうにありません。
カシノナガキクイムシの媒介するナラ菌が回りきる前なら萌芽が望めるそうですが、現在の活動地の環境では光が届かないためなかなか難しいようです。
それでも今回の木が枯れた周りの林床では新たに光が差し込むようになりました。

 

今月の作業では、森がふたをされた状態で薄暗く風も抜けなくなっていたため、林縁部の間伐や剪定もしました。
電線に枝がかかっている部分も多く慎重に作業を進めました。
さすが林縁部は日当たりが良好なので元気な木も多く、多くの枝葉を広げます。
ツタウルシやクズなどつる性の植物も繁茂し始めていました。
定期的な作業が必要な様です。

来月はいよいよクラフト展です。
多くの来訪者、出店者が気持ちよく森の中で過ごせるように整備を頑張りたいと思います。

はじまりました!
募集中!
枯れ松伐倒

ただいま
353

カレンダー

みどリレー
活動スケジュール

フィールドマップ

Field Map

ニノサクじいちゃんの森

ワッキの森

ナミィの森

PICK-UP!!

    当事業およびこのウェブサイトは地球環境基金の助成を受けています!

MENU

HOME

みどリレーについて

三国の森と
サックリの森づくり

松枯れについて

みどリレーからの

お知らせ

通信

森づくり どなたでも参加できます!

森の健康診断

森づくりプラン

森をつくる人になろう

三国湊で活躍しませんか!

ワークキャンプ

今月のみどリレー
(月1回週末の森づくり)

平日のみどリレー
(不定期で森づくり)

勉強会

イベント・シンポジウム

調査研究

お問い合せ

年度別
2010年度の活動[予定]
2009年度の活動
2008年度の活動
2007年度の活動